2010年02月01日

5年目にあたり、相撲協會理事選の考察

日本相撲協會の理事選が行はれた。
持ち票に對しての獲得票が氣になるところだつたが、結果は出羽海一門は親方30人で得票31票(+1票)。立浪連合は親方17人+魁皇+庄之助の19人で得票18票(△1票)。時津風一門と高砂一門は親方29人(17人+12人)+伊之助の30人で得票30票(‐)。二所ノ關一門は親方22人+琴光喜の23人で得票22票(△1票)。貴乃花系は親方7人で得票10票(+3票)。ほかに無所屬の高田川系親方2人がゐる(△2票)。
といふことは、單純に考へると高田川2票と立浪連合のうち1票、二所ノ關一門のうち1票が流動票であつて、そのうちの3票が貴乃花支持に囘つたと計算でき、報道されてゐる。ここで氣になるのは、出羽海一門に囘つた1票が誰か、といふこと。これについては報道されてゐない。普通に考へれば、高砂一門から名蹟を借りてゐる振分の武藏丸(出羽海△1票)が時津風+高砂に投票(+1票)し、立浪連合から名蹟を借りてゐる淺香山の鬪牙(高砂△1票)が立浪連合に投票(+1票)、高田川2票が出羽海に囘つた(+2票)といふのが自然。すると報道のとほり立浪連合から2票が貴乃花支持に流出してゐることがわかる。
この前提に立つたうへでの私見といふか假説として、流出票は立浪連合の2票は伊勢ケ濱と安治川、二所ノ關一門のうちの1票が湊川の各親方ではないかと思ふ。全く根據はないが、單なる候補者を巡つての内紛とも思ふ。二所ノ關一門はもともと3票餘つてゐたので、何かやつたのかもしれないし、高田川系が貴乃花支持に囘つたかもしれない(考へづらいが)。

このブログも5年目。花粉症のクスリをもらひに行く。
最近は別件で忙しいのであまり書いてゐないが、まる4年で686件/1,461日(0.47件/日)、この1年では134件/365日(0.37件/日)といふ成績。これからの1年も、160件くらゐは書いていきたい。
posted by rikuo at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 相撲

2007年10月08日

時津風部屋繼承問題

夜明け前の月と金星がキレイでした。携帶で撮影するとこんな感じ。

20071008044629.jpg
(意外と撮れるものです)

晝前に起き出して、しばらくサボつてゐた庭仕事です。
藥まいたり雜草とりしたり。今年はクロッカスの球根を植ゑました。

20071008134833.jpg
(子供カレーにつきあふときはスパイス完備)

午後はラグビーワールドカップをビデオ觀戰。
波瀾のトーナメント準々決勝の結果を見ましたが、決して樂しい試合ではなく、少し消化不良です。特にウィルキンソン選手、好きなだけに期待を持つて見てゐましたが、プレイスキックのミスが多く殘念でした。ただし、タックルはすばらしかつた。オーストラリアはミッチェル選手を起用しなかつたことが敗因?


時津風部屋は時津海關の現役引退による繼承といふ衝撃の結末に。その結果、「錦島」は十兩霜鳳關の所有といふことになりましたが、なぜ部屋付きの元藏玉錦さんではダメなのか、カネがないのはいつしよではないのか、などと想定外のことばかりです。

西武ライオンズ、觀客動員數で最下位だと。自分も今年は行かなかつたですね〜。


posted by rikuo at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 相撲

2006年12月26日

山響繼承問題

中央線で、27年ぶりの新型車輛E233系が登場しました。すでに試運轉段階から東急製と新津製、川重製が確認されてゐますが、本日營業開始した編成は東急車輛製だつたさうです。9月に豐田入庫以來、一番試運轉してゐたヤツ(H43編成)です。よく目撃しました。目無しデザインには抵抗ありです。早く乘つてみたいです。

また、大龍の山響親方が「二子山」に名蹟變更したと發表されました。これに伴ひ、巖雄の小野川親方が「山響」に名蹟を變更したとのことです。貴乃花親方は名蹟を複數所有できないし、出羽一門は株が欲しいといふ、ニーズの一致のやうにみえます。實質的に北の湖理事長が買つてあげたかたちでせうが、一件落著ですね。年末ですしね。相續税も拂へるし。「小野川」は北櫻關になるのでせうか。
posted by rikuo at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 相撲

2006年11月27日

久しぶりに相撲

大相撲九州場所後の横審で、全勝の朝青龍關について「蹴手繰りは、品格の問題からもよろしくない。」との注文があつたさうで。だつたら最初から「横綱は蹴手繰り禁止」つてルールにするべきです。これだから横審は相撲をわかつてないと思ひます。

また、元五城樓關が「濱風」を襲名されたさうで。これに伴ひ、先代の元小結三杉里關は相撲協會を退職されたわけです。番附的には三杉里關のはうがよつぽど上ですし、この襲名は意外でした。
それから、伊勢ケ濱問題もその場しのぎな決着に。元大關清國關の先代が19日附で定年、部屋附きの元和晃關の若藤親方が繼承とのこと。名門なのはわかりますが、來年定年ですしね。誰を待つてゐるのでせうか?
posted by rikuo at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 相撲

2006年05月28日

押尾川繼承問題

5月25日、押尾川親方が6月いつぱいで、定年の1年前に日本相撲協會を退職する意向であることが分かりました。 昨年3月で部屋を閉ぢ、所屬力士とともに尾車部屋に移籍してゐました。

誰かが名蹟を購入することが決まつたと讀んでいひと思ひますが、それは誰なのでせうか? 二所ノ關一門のなかで考へると、佐渡ヶ嶽系列だけでも現在借り株なのは元琴錦關の竹繩親方、元琴ヶ梅關の大鳴戸親方、元琴椿關の白玉親方と、人材豐富です。いや、どうなるか來月が樂しみです。
posted by rikuo at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 相撲

2006年05月21日

三保ケ關部屋繼承問題

やうやく五月晴れの日曜日、ワックス掛けを施工いたしました。慣れないもので多少ムラがありますが、こんなもんでせう。夜は日産のディーラーでもらつてきたエルグランドとティーダのラジコンを製作。たいへん疲れました。

六大學野球は法政の優勝といふ、最もつまらないシナリオで終了でした。大相撲も白鵬關の優勝といふ、あまりおもしろくない結果。最近はあまり期待できる力士がゐなくて殘念です。白鵬關は問題の繼承を行つた元十兩親方の宮城野部屋ですが、三保ケ關部屋もたいへんなことになつてゐるやうで、部屋付きだつた尾上親方が獨立とのこと。部屋の繼承者となるべきところが「繼承の自信はなく、どうしても獨立したいといふこと」ださうです。自信がないのに獨立?ハァ?といふ感じです。問題なのは把瑠都關や十兩の里山關を連れて行くといふところで、この結果名門三保ケ關部屋は、繼承可能な關取がゐなくなつてしまふのです。今後の動向が注目されます。あと、もうひとつ氣になつてゐるのは、朝青龍關は白崎アナウンサーの實況時に負ける確率が高いといふ現象です。デーモン閣下の解説とともに、來場所の中繼が樂しみです。

月曜日からは出張續きです。早く寢なくては。
posted by rikuo at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 相撲