2010年10月31日

採寸とクイズ

プロ野球のドラフト會議あり。特段コメントはなし。
スーツの仕立て。15年前の採寸データがまだ殘つてることも驚きだが、あまり修正されずに濟んでよかつた(笑)。

愛知縣立東海商業高校の中間試驗で、同高校を舞臺に「校長を殺害した教諭」を實名の選擇肢で答へさせる問題が出題されてゐたとのこと。問題に登場する校長は「不適切な設問」として、問題を作成した男性教諭に口頭で嚴重注意したさうな。これがなかなか優れた問題だつたのだが、はたして「綜合實踐」つて教科は意味が不明。高校の學校の試驗ではないと思ふが。
ちなみに問題は、校長が職員室で暗殺されて自分の血で書き殘した「41124」の文字を手がかりに、實在の教諭から犯人を選擇するといふもの。横書きにして180度廻轉させて見ると「カていカ」と讀めることから、家庭科の擔當教諭が犯人なんだと。これまでもクイズ形式の出題をしてゐるといふが、過去問も見てみたい。

東京六大學野球は塾が早慶戰で連勝できるかどうか。
第1戰は塾高出身渕上選手が齋藤投手から先頭打者本壘打で勝利。高校時代に早實との定期戰ではヒットを打つてたかどうか。
まつたくもつてすばらしい。
posted by rikuo at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/178207638