2006年02月15日

クハガタ

都内から夜中に歸宅すると、ずつと「ゴソゴソ」と音がしてゐました。

何かと思へば昨夏に捕獲して、年末に一緒に轉居してきたクハガタです。なんと冬を越えて生きてゐたのか。びつくりです。昔、クハガタを捕つたことはあつても飼育したことはなかつたので、息子が「昆蟲ゼリー」だとか「飼育マット」とか買つてきたときは「今の時代はこんなものがあるのか」と驚きました。しかし「どうせ長生きはするわけないでせう」とタカをくくつてゐたのです。

週にいつぺんぐらゐ世話をした嫁さんが偉いのか、八王子の極寒に耐へ拔いたクハガタくんが偉いのかわかりませんが、とりあへずゴキブリよる蟲かご乘つ取り攻撃がなくて良かつたと思ひます。

と、同時にやはり春を感じずにはゐられませんね。嫌な季節です。


posted by rikuo at 01:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック