2009年09月01日

特別月間にまづ魚を行く

特別月間に突入。諸般の都合が好轉し、かねてより氣になつてゐたお店に行く。
肉が續いてゐたので魚がよい。牡蠣にあたるかどうかは賭けである(笑)。
短時間ではあつたがとにかく、久しぶりでよろしかつた。ちよつとドキドキしすぎである(爆)。

20090901180928.jpg
(黒メバル刺身)

20090901181258.jpg
(牡蠣)

20090901182256.jpg
(ワカサギ天ぷら)

20090901181122.jpg
(生湯葉+豆腐)

20090901181147.jpg
(思ひ出の出羽櫻)

大阪市西淀川區では、父親と一緒に來てゐた11歳の女兒が比例代表と裁判官國民審査の投票を行ふかと思へば(讀賣新聞)、平塚市では、投票に來た21歳の女性を母親について來た子と思ひ込んで無視し、比例代表と國民審査の用紙を渡さないミスがあつたさうだ(朝日新聞)。
女性の歳は見かけではわからない。ぜひとも、お2人に竝んでいただきたいものである。


posted by rikuo at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
折角 初めての選挙にきた 21歳の女性が 比例の投票用紙を受け取ろうと 手まで出していたのに 渡そうとしない 職員の態度に むかつくし 許せない。
もし その女性が 2度と 選挙に行かなくなったら その職員の責任は 大きすぎる。
「 お母さんについてきた高校生と 思った 」と 言い訳してるけど 普通 小学校の低学年の女の子ならともかく 高校生の女の子が お母さんの後をついて 選挙会場の中まで くっついてきますか?
高校生の女の子は お母さんと 外出のついでに お母さんが選挙に行くとしたら その間 会場の外で待っているのが 普通でしょう?
本当に ひどすぎる 職員ですね。
Posted by 日本共産党めっちゃ大嫌い男 at 2009年09月07日 02:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/127010653